公務員になるためには、採用試験に合格し、内定をもらう必要がありますが、国家公務員や県庁、市役所などで採用にいたる道筋は全く違います。 採用試験の合格は、国家公務員を目指す人にとっては、各省庁の面接を受けるためのチケットにしか過ぎません。 採用試験合格後は各省庁の内定をもらうべく、自分の力で自分を売り込まなければならないのです。 文字だらけでビッシリの試験案内を読むことが鬱陶しいとか面倒だと思う人は、公務員になってからの山のような文書処理に苦戦してしまうでしょう。 それに、例えば、警察官の場合には、調書を書かなければならないために、意外と文章力が必要となってきます。 また、説得力も必要とされますよね。 説得力のない警察官がいたら、あてにならないと思うことでしょう。 国家公務員の中でも特別な仕事である国会職員や裁判所職員、防衛庁職員は、採用元の国会や裁判所、防衛庁が採用試験を行います。 それ以外で国家公務員の一般職の場合には、人事院が行っています。 地方公務員は都道府県や市町村などの各自治体で行いますが、必ず毎年行うというわけではないので注意してください。 地方公務員は各自治体の人事委員会、または、人事担当課が採用試験を行います。 警察官や自衛官の場合は、一般の試験とは違う試験となります。